我々人類の最大の敵、その名もAGA

AGA治療に利用する医薬品と妊婦について

医薬品には先発医薬品と後発医薬品でもあるジェネリック品の2つの種類が在ります。
ジェネリック品は特許が切れた先発医薬品と同じ成分、同一の製法で製造が行われたもので、別のメーカーが製造販売を行っている薬で、開発コストがかからないなどの理由からも、価格が安いため注目を集めています。

また、海外にはジェネリック品が多く在るため、個人輸入代行業者が通販サイトの中で格安のジェネリック品を販売しており、症状に応じて購入することが出来るなどの利便性を持っています。

AGAの治療薬には発毛剤としてプロペシア、育毛剤についてはミノキシジルと言う2つの薬を処方してくれる病院が多く在りますが、これらの薬のジェネリック品も数多く存在しており、個人輸入代行業者が運営を行っている通販店での購入が出来ます。

尚、プロペシアは前立腺肥大症の治療に利用される医薬品が主成分になっているもので、前立腺肥大症の治療として利用することが出来るフィンカーなどの場合は、5mgの錠剤になっているのでAGAの治療として利用する場合にはピルカッターを利用して5等分に分割して服用する必要が在りますが、1錠で5日分として利用出来るため、経済的と考える人も多くいます。

尚、プロペシアやフィンカーと言うのはフィナステリドと呼ばれている医薬品が主成分であり、5α-還元酵素を阻害する作用が在るためAGAに対する作用を期待することが出来るのです。

但し、これらの医薬品はAGAのみに有効であり、女性の薄毛には効果が在りませんし、妊婦や妊娠の可能性を持つ女性が使用すると胎児への男性機能低下などの副作用が在ると言います。

また、妊婦などが錠剤に触れる事でも副作用が起きる可能性が高いため、ピルカッターなどを使って錠剤を分割する場合は男性が行う事が大切です。